借金をするときに心得ておきたいこと

25 6月, 2016 (15:19) | 大丈夫 | By: mycs3z

皆さん、借金をするときどのようなことを考えますか。
もちろん、最初は借金をせずにどうにかしてお金を工面しようと考えると思います。

しかし、借金の額だったり、お金を工面する期間がない場合はなかなか借金なしにお金を工面することはできないと思います。
私自身も、学生時代にどうしても期間が足りなくて学費の支払いをするために借金をしたことがあります。

今回は、このときの経験を下に、借金をする時はどのようなことを考えておけばよいのかを述べたいと思います。
まず、私が借金をした額ですが、学費分20万円を両親から借りました。

両親ということもあり、利子などの支払いはなかったのですが、親子ということは関係なくしっかり借りたものは返しなさいと言われました。
結局、この20万円については、月に2万円を返し続け10ヶ月かけて返済しました。

具体的にお金の工面については、アルバイトをいつもより週1日ほど多く働き、その分の給料を返済に充てました。
この時、心がけたことは仕事のときからこの時間は返済のために働いているんだと意識して仕事をしていました。

このように意識して働くことで、しっかり毎月返済しようという意思を明確にすることができました。
また、給料を受け取ったときには、真っ先に2万円を返済を行いました。

こうすることで、支払いを確実にすることができました。
このように、私は、返済の意思を強く持つことと給料をもらったらすぐに返済することを心がけることで完済することができました。
借金返済について債務整理で相手方との交渉はどうやるの?

借金返済が追い付かない時こそ冷静な対処を

借金返済が追い付かない。
もしそのような状況に陥ってしまったら、借金の状況を見直すことが重要です。

借金を整理して返済できるかもしれませんし、返済が難しければ法律に従って債務整理を進めなくてはいけません。
最初に考えておくべきなのが、おまとめローンの利用です。

おまとめローンとは、低利で新たにローンを組み、その借入金を返済に充てて借金を完済し、複数の業者からの借金を一本化して、返済しやすくするための専用ローンプランです。
おまとめローンは金利が低めに設定されているので、複数業者へそれぞれ返済するよりも、金利負担が軽減されます。

一本化によって返済日の管理も簡単になりますから、返済日に追われてつなぎ資金を新たに借り入れてしまうようなこともなくなります。
個人の努力では借金がどうにもならなくなってしまったら、債務問題に強い法律事務所を頼りましょう。

高い金利の借金がある場合、過払い金の返還請求をすることで払い過ぎたお金を取り戻し、借金を清算できる可能性があります。
過払い金ではどうにもならなかった場合でも、任意整理や個人再生など、法律に基づいて債務整理を行う方法はあります。

借金返済がどうにもならないからといって自棄を起こさずに、冷静に解決手段を探すことが大切です。

住宅ローンとは借金です

私がはじめて借金をしたのは、いまから15年前の、23歳のときです。
当時、賃貸にすんでいた私は、思い切って、母と共同購入で、マンションを買おうという話になったのです。

マンションは、3LDKで、最上階で、今から思えば贅沢ですが、とてもいいマンションでした。
新古マンションなので、相場より300万円ほど割安でした。

そこで、私は新聞広告で飛びついて、マンションを買ったのです。
もちろん、貯金なんてなかったので、フルローンです。

2400万円です。
高いですが、相場にしては安いです。

つきの返済は13万円ほどでした。
ローンの返済が11万円で、管理費が20000円ほどです。

新築というか新古マンションだったので、そんなもんかと思いました。
それも借金です。

ですが、私がお金をはらったのは数回で、あとは親に任せてしまいました。
親に依頼したのは、ローンの支払いです。

親は自営業で、65になった今でも、元気よく働いています。
母は糖尿ですが。

それで、結局、それから15年たった今年、マンションは売ってしまったのです。
もう誰も住んでいないので。

私が家をでてからは、弟が一人で住んでいましたが、弟も今年、両親が自営業をする北海道に転居してしまったのです。

借金をした体験談や借りる前の不安

私は家電の故障や友達の結婚式で遠方まで出かけたりと、まとまった出費が必要になって、生活費に困った時に借金をしたことがあります。
借金をする前には友達からお金を借りることを考えたのですが、人間関係に影響が出てしまうことや、友達に迷惑や心労をかけることを考えるとそれは出来ませんでした。

借金は友達や家族から借りるのも良い方法ですが、消費者金融やカードローンなどの方法を使えば誰にも知られる事無く、一切迷惑をかけずにお金をこっそり工面することができます。
借金をすることはあまり人に知られたくない事ですが、私が使った消費者金融は保証人を用意する必要も無かったですし、家族や一緒に住んでいる人に電話が来たりすることも無かったので安心でした。

借金をする前には、借りた後に利息がかなりかさむのかなといった不安や、返済を怖い人にせびられたらどうしようといった不安がありました。
しかし、実際には10万円しか借りず、毎月2万円ずつ返していったので返済も全くトラブルな行えましたし、利息もわずかでした。

キャッシングは少額でも良いので一定の頻度できっちり返済をしたり、なるべく名前が知れている大手のキャッシング業者を使うと、返済のトラブルが無くて女性でも安心してお金を借り入れられるので大丈夫です。

テレビCMでよくみる弁護士法人の対応

7 10月, 2014 (23:15) | 大丈夫 | By: mycs3z

最近、まだまだ債務整理関連の仕事を請け負う弁護士法人のコマーシャルをよく見ます。
債務整理は弁護士か司法書士にしかできない業務になっており、弁護士法人もこの業務を中心に事業を展開しているところが多くあります。

しかしコマーシャルで有名な弁護士法人に整理を依頼した場合、ほとんど弁護士の出番はありません。
書類の記入や相談は事務員が受け、弁護士は最終的な説明や契約時に登場するだけです。

電話での受付、事務所への案内、面談、書類記入の説明、返済計画の妥当性、注意事項の説明などほとんどが事務員によって行われます。
そうした事務的な説明の後が弁護士の仕事になるのですが、ほぼ説明は事務員が完璧に行っているため、確認となることが大半です。

任意の債務整理は事業者との和解にある程度の目安が既に確立されています。
そのためその後の債権者との交渉もルーチン化されていて、それほどハードな案件はないのでしょう。

弁護士としての仕事量はそれほど多くなささおうですが、その分報酬も多くはないでしょう。
こうした債務整理は案件数をこなして弁護士法人は収入を安定化しているのだと思われます。

大手と呼ばれるところはほぼ流れ作業での債務整理といっても過言ではありません。
ただヤミ金や破産などが絡む場合はもう少し複雑な業務になり、さらに報酬が上乗せされます。

目立たないけれど縁の下の力持ち

7 9月, 2014 (23:13) | 大丈夫 | By: mycs3z

市役所の近くに住んでいるからでしょうか、私の家の近所には司法書士の事務所が何軒もあったりします。
司法書士の仕事内容が分からなかった幼い頃は、なんでこんなに事務所がたくさんあるのだろう、などと不思議に思っていました。

司法書士について多少は理解できるようになった現在でも、なぜ事務所が密集しているのかはよく分かりませんが(笑)、ほとんどの人は、一生の内に何度かはお世話になることと思います。
私も、新居の購入時と、住宅ローンの借り換え時にお世話になりました。

とは言っても、実際に司法書士の人にお会いして相談や依頼をしたわけではなく、不動産屋や銀行を通してなので、ほとんど接点はありませんでした。
司法書士の人も、こういう用件に関しては依頼者と実際に会うことはあまりないとは思います。

それでも、素人には出来ない仕事ではあるので、私にとって司法書士の存在は『黒子・縁の下の力持ち』という感じでした。
その司法書士ですが、国家資格で筆記試験は毎年7月に行われています。

筆記試験の科目は11科目で、その合格率は3%以下とかなりの狭き門のようです。
また、裁判所の事務官・書記官などや、簡易裁判所の判事や副検事として働いていた人達が、法務大臣の考査によって資格を獲得することも出来るそうです。

とは言え、そういう所で働く人達は国家公務員試験を通っているので、どちらにせよ簡単に取れる資格ではなさそうです。
そんな司法と関わりのある司法書士は、あまり目立たない仕事内容ではありますが、私たちの日々の生活の中のどこかで、知らない内にお世話になっていることもあるかもしれない人達なのです。

初めて借金をしてみた感想

25 8月, 2014 (10:08) | 大丈夫 | By: mycs3z

先日人生で初めて借金を体験しました。
借金の従来のイメージでは、あまり良いものではないというイメージの方が強かったです。

しかし、実際に自分でこの借金を経験してみると、そこまで悪いものではない、とても便利なものだという事がわかりました。
というのも、私はカードローンでお金を借りました。

カードローンはかなり申し込みが簡単で、スピードも早いです。
困った時にはすぐに利用をする事ができますから、どんな状況にもかなり融通がきくと言えるのではないでしょうか。

私自身急ぎでお金が必要だったのですが、カードローンは思った以上に気軽にすぐにキャッシングに辿り着けたのでかなり満足度は高かったです。
必要なものも、私の場合には免許証だけでした。

それも写真をメールで送るという手軽さだったので、かなり助かりました。
私の初めての借金はこのカードローンのおかげでかなりスムーズで満足、納得のいくものになりました。

借金には色々あると思うのですが、そこまで金額が多くないというのであれば、私のようにカードローンでならすぐに気軽に借りられますから、おすすめできると思います。
借金に興味があるという人は私の感想を参考になさってはいかがでしょうか。

借金は必ずリスクが付きまといます。

25 8月, 2014 (10:08) | 大丈夫 | By: mycs3z

人生を生きていくうえで、お金とゆうものは非常に重要なウエイトを占めています。
生まれた瞬間からお金無しでは生きていけないのが人間ですから、いかにお金が人生を左右するかが分かると思います。

借金をすることは本来であれば行うべきでは無いと考えています。
しかし車や生活必需品を買い揃えるためには、借金も已む無しとゆうこともあるでしょう。

最近は借金のことをキャッシングとかカードローンと呼んで、非常に身近なものになりつつあります。
しかし、名前は変わってもお金を借りていることには変わりありません。

主婦や学生でもお金を借りることが出来る時代になっていますから、lこの借金が軽く扱われている感じが不安でなりません。
今からお金を借りようと考えている人は、しっかりと考えて借りて欲しいものです。

まず、キャッシングなどで借りたお金は自分のものではなくあくまでも借りているとゆうことを忘れないで欲しいです。
翌月には必ず返済が待っていますから、しっかりと考えて必要な金額だけを借りるようにして欲しいです。

もちろん、返済はちゃんと期日を守って行わなければいけません。
もし遅延や延滞をしてしまえば、社会的信用もなくなります。

お金を借りるとゆうことは、便利ですがそれ相応のリスクもあるとゆうことをしっかりと覚えておいて欲しいですね。

借金はきちんと返せば大丈夫

25 8月, 2014 (10:07) | 大丈夫 | By: mycs3z

借金といえば、ネガティブなイメージや、一度すると抜け出すのが大変といったイメージを持つ人は意外と少なくないと思います。
私も実際に借金をするまでは、借金は怖そうなイメージがあったので女性の私にとってはかなり敷居が高い事でした。

しかし、最近はお店へと実際に行かなくても借金出来たり、お金を借りた後はもう一切店に行かなくても、コンビニや銀行のATMから返済出来るサービスもあります。
また、名前が通っている大手のサービスを選んだり、返済を滞らないように少しの金額でも良いので毎月返すなどすると、怖い思いをすることは一切無いので安心です。

私はよくテレビでもコマーシャルされているような大手の消費者金融を使って借金したことがあるのですが、無人の店舗から誰にも会わずにこっそりとキャッシング出来たり、契約時には女性のオペレーターさんが非常に丁寧に対応をしてくれたので、怖いイメージは全く感じませんでした。
借金をする時は店員に会うのが嫌だという人でも、消費者金融やカードローンのサービスはネットから申し込めたり、無人のコーナーや自動契約機から契約できるものも多いので大丈夫です。

また、借金をする際は自分の給料が入るタイミングや収入の額を考えて、なるべくコツコツと少額ずつでも良いので返済を継続することが大切です。